ハビエル バロン「Dos voces para un baile」

ハビエル バロンは、1963年にセビージャで生まれたバイラオールです。7才で踊りを習い始めて、10才でマドリッドに上京。様々な舞踊団で活躍した後、現在は自信のグループを率いて公演を続けています。何度か来日していますので、日本のフラメンコ ファンにも馴染みが深いかもしれません。

タイトルの「Dos voces para un baile」を直訳すると「バイレのための二つの声」。プロ デビューを果たしたマドリッドと、彼の出身地セビージャでの舞踊家としての人生を振り返ります。

2011年、フェスティバル アントニオ マイレーナでの映像です。


索引:

スポンサー リンク